社会に貢献できる人材を|大学受験の対策で通う塾を選ぼう【苦手科目を克服できる】

大学受験の対策で通う塾を選ぼう【苦手科目を克服できる】

社会に貢献できる人材を

男女

どんな学校でしょう

大学の付属学校は全国各地にありますが、名大附とは名古屋大学教育学部付属の中学校、高等学校を指しています。名古屋大学が国立大なので、私立大のようにエスカレーター方式で大学まで進学することはできませんが、旧帝大の付属の学校ですから「ここで学ばせたい。」と希望する保護者も大勢いるのは事実です。もし名古屋大学への進学を希望している場合、ほかの高校と同じように名大附高校から推薦枠で入学することは可能です。しかし成績優秀であり、学生生活においてもほかの生徒の模範となるような学生に限られるので、推薦を狙うのは狭き門といってもいいでしょう。名大附の大きな特徴として、国立法人では唯一の中高一貫の併設の学校であることです。

さまざまな体験活動が魅力

名大附中高は、サーパーサイエンスハイスクールとスーパーグローバルハイスクールの指定を受けています。将来、世界で活躍できる人材育成を中学校の段階から大学まで行い、さまざまな研究や実践に取り組んでいるのです。一般の公立学校では体験できないようなさまざまな活動を行っているので入学希望者も多く、小学校から塾へ行かせる保護者も少なくありません。名大附の入学検査で行われる問題形式は、基本的な事柄だけでなく、応用問題も幅広く出題されるので、柔軟な考えができなければなりません。しかし勉強だけでなく社会に貢献できる子どもの育成にも力を入れていますから、勉強以外の能力も当然必要となってくるでしょう。入学希望者の倍率の高さが人気を裏付けているのは間違いありません。