入試以外の方法|大学受験の対策で通う塾を選ぼう【苦手科目を克服できる】

大学受験の対策で通う塾を選ぼう【苦手科目を克服できる】

入試以外の方法

学生

今や増加傾向にあるao入試は、出願者自身の人物像を学校側の求める学生像と照らし合わせることで合否を決める方法のことです。ao入試の方法は、一般の入試とは違い、志望理由書や面接、小論文などが重視されることによって出願者をいろいろろな面から評価します。ao入試は、別の名前でも呼ばれており、自己推薦入試、公募推薦入試、一芸入試などですが、同じao入試のことです。では、推薦入試とはどう違うのでしょうか。それは、推薦入試では高校でどれだけ頑張ったかということを評価しますが、ao入試は高校からなどの推薦が必要ない点が違います。高校の成績が悪かったとしても、受験することができます。そのため、ao入試は時間をかけて何回も面接を大学もあります。

なぜ、ao入試が増えてきているのかといいますと、特に私立大学では入学者の早期確保の手段として使っているからです。推薦入試では11月から以降という決まりがありますが、ao入試ではでいまのところ決まりがないので夏休み前にはすでに試験が終わっており、合格者がでます。ただし、夏以降、時間が空いてしまうので大学側が、入学前教育を行っており、ほとんどの合格者は参加しています。学力の低下を問題視する人も多く、最近では、ao入試に対していろいろな案がだされており、よりao入試が一般的になる野ではないかと予想されています。実にさまざまな試験方法があり、各大学、または学科によってさまざまですので、目指している大学の募集要項をみて確認してみてください。