大学受験の対策で通う塾を選ぼう【苦手科目を克服できる】

無難なのは事実です

勉強する女の子

特化した授業を受けられる

大学受験を目指す高校生の最大の関心事が学習塾に通った方がいいのかどうかです。結論から言えば学習塾に行った方が無難なのは事実です。もちろん、いまいるのがその地域を代表するような進学校で、成績がトップクラスならばそのままのスタイルで勉強を続けるのも悪くはないです。ただ、このほかの状況にある生徒がほとんどなのを踏まえると学習塾を活用しながら大学受験に挑戦するルートをおします。学習塾の強みは大学受験に特化した授業を受けられる点です。基本的に高校は所定のカリキュラムを終わらせるのが目的ですが、これに対して学習塾では志望する大学の入試にパスをするのがゴールです。一見すると同じに感じますが、効率性を考えるとこれは大きな違いです。

吸収する覚悟を持つべき

自宅のそばにある学習塾を使って大学受験に向かう場合、自分のなかで目標を明確にしておくのが大切です。何となく友人がいるからという理由で通うのと、苦手科目を克服するなどの具体的なビジョンを持つのとでは得られる効果が異なります。せっかく親御さんに学費を出してもらうわけですから、得られるものは十二分に吸収するぐらいの覚悟を持つべきです。また、近頃は大学受験用の学習塾が増加する傾向にあり、自身の希望にマッチしているのかを事前に確かめてから入るのも重要なステップです。資料を学習塾から取り寄せるのは当たり前で、口コミを参考にしたり、最終的には体験入塾をするなどの準備がどこまで自分の学力を伸ばせるのかを左右します。

社会に貢献できる人材を

男女

名大附とは名古屋大学教育学部の付属中学校と高等学校のことです。全国でも国立法人大学としては珍しい中高一貫校とした併設の学校です。大学までエスカレーター方式で進学することができませんが、それでも人気がある学校であることには違いありません。

もっと見る

ピンポイントの狙いで受験

女性

単なる大学受験ではなく、医学部を目指している方はよりタイトなスケジュールで勉強しています。医学部に合格するには、大学の受験傾向を理解しておくことが必要なので、予備校を活用して受験勉強する方が増えています。

もっと見る

入試以外の方法

学生

ao入試とは大学の人物像と合致しているかを審査する試験です。推薦入試とは違い、高校の時の評価を重視しないので、どんな人にもチャンスはあります。大学ごとに入試方法が違いますので、募集要項をみて確認してください。

もっと見る